意外と知らない!?服装のマナーについて

私たちが結婚式などに招待された場合には、礼服と呼ばれるきちんとしたスーツやドレスなどで参列するものです。
そのため、ジーンズやTシャツなどで参列すると、招待した相手に対して失礼となりますので、式場のスタッフに止められてしまうこともあります。

また、葬儀などの場合には、普段着では亡くなった故人に失礼になりますので、喪服を着ていく人もいるかと思います。
これらのことから、喪服と礼服の二着を持っていると言う人も多いのではないでしょうか?

けれど、葬儀用の喪服も、結婚式用の礼服も、いわゆるブラックフォーマルと呼ばれるものであり、実は一着で着まわすことが出来るようになっています。
このことは意外と知らない人もいるため、結婚式に葬儀の際に着ていったブラックフォーマルを着るのは縁起が悪いのでは・・・と考え、喪服と少し派手なドレスなどの礼服を用意する人も中にはいます。

しかし、葬儀の場合には、女性ならあまり華美にならないように、アクセサリーなども真珠のネックレス程度をつけたり、何もつけなかったりしますが、これが結婚式などのお祝いの場合には、コサージュをつけたり、中のブラウスを派手なものにするなどの工夫をすることで、ブラックフォーマルスーツは結婚式にも着ることが出来るようになります。

男性も同じく、中のネクタイを結婚式の場合は白に変え、葬儀などの場合には、黒にすれば、どのような場所にも着ていけるようになっています。
それに、よくあるケースとして、お祝いの食事会などでは、平服でお越しくださいと言われることもありますが、この場合は、普段着はNGであり、スーツやワンピースなどのちょっとしたお洒落な服装のことを示しています。

そんな服を持っていないと言う際には、礼服でもマナー違反となりませんので、ブラックフォーマルを活用するのもおすすめです。
これらのことから、社会人になれば、いろんな場所で活用出来ますので、まずはブラックフォーマルスーツを一着買っておくと便利です。
最近ではインターネットでも手軽に購入できます。
アウトレットで安いものもあり、大きいサイズ、パンツ、ワンピース、スカート様々な形を選べますし、送料無料・返品可能・即日配送なのも嬉しいところです。通販なのに試着だってできちゃいます。

※参考サイト・・・ブラックフォーマル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>